おせちを食べるなら知っておきたい!門松や、お年玉など日本の歴史!

年始には年神様(としがみさま)という神様がいらっしゃいます。年神様とは農業の神様で、1年間を豊作にしてくれたり家族の健康を助長し、怪我や病気からお守りして下さいます。その神様へ鏡餅をお供えしたり飾りつけをしたりし、お礼として鏡餅に神様の魂を宿らせることで「子どもたちが元気に成長していけますように」という願いを込めているそうです。子どもたちにあげていたその鏡餅が、簡単に身に着けられるお金に代わったのがお年玉(魂)だと言われています。    昔は木に神様が宿るとされており、年神様を家にお迎えするための目印として門の前などに飾られるようになったそうです。平安時代から松を家に飾っており、江戸時代からは現代のような門松の形で玄関に飾るようになったといわれています。又、門松は地域によって形が異なります。広く知られている形は関東地方の門松で、竹が高く松が低くなっています。ですが関西地方は竹が低く松が高くなっているそうです。

調査によりますとお年玉を上げるようになったのは、日本ではお正月に神様が来ると思われていた為御供え物をしていましたが、その代わりに神様が目に見えない新しい魂を与えると信じられていました。家の代表だけに与えられた目に見えない魂を形にして子供達に分け与えたのがお年玉の由来です。    雑学知識によりますと日本ではお正月は神様が地上に降りて来て家に訪ねて幸福や健康をもたらして来れると信じれていた為、依代として飾るようになったのが門松の由来と思われます。お正月飾りでは、しめ飾りなどもありますが神様をお迎えするとゆう意味では門松が一番重要のようです。
お正月はやっぱりおせち!
今はとてもよい時代になり、なんでも通販で手に入ります。
有名料亭のおせち料理も簡単に通販できるので非常におすすめです。最高級のおせちが自宅でたべられれます。
もし、なにをえらんでいいかわからない、料亭のおせちははじめてなので迷ってしまう!という時はこちらがおすすめです。
色々なおせち料理を比べて選べるし、そのまま予約も可能です。
京都や、大阪、東京の料亭おせちがありますよ!

京料理貴与次郎が超おすすめ!

京料理貴与次郎のおせちは、早割実施中のため、11月9日までの注文がお得です!!人気の秘密は出来立ての味をそのままに急速冷凍!!すべて移し替え不要のお重詰めだから回答するだけで簡単にお召し上がりいただけます!!
壱の重の中身はたたき牛蒡や若桃甘露煮、数の子、松前漬、伊達巻、栗甘露煮、きんとん、黒豆、田作り煮、などです!!!おせちの定番をしっかりと盛り込んだおせちになっています!!度定番のものを食べたい!!!という方におすすめです。 お重の中身は、風雅な味わいは本格京風おせちならではのにしん金胡麻まぶし、くわい紅梅和え、海鮮つみれ、鮎土佐煮、花餅白梅、紅白なます日向夏、いくら、真鱈子旨煮、白花豆などが入っています!!贅沢なものを食べたい!という方におすすめです。 お重の中身は合鴨燻製、クルミ甘露煮、花餅紅梅、椎茸煮、焼き目入筍煮、鳴門金時レモン煮、空豆煮、にしんの昆布まき、いか柚子味噌和え、小鯛西京焼き、などなどこだわりのお料理が詰められています!!!

このおせちはとても高級感があり、見るだけでもうきうきした気持ちになりました。食べてみるととてもおいしくまた買いたいなと思いました!!出来立てをそのまま急速冷凍しているのでうまみを逃がすことなくおいしかったです。